JOURNAL

心が通じているものづくりとは、採算よりも“粋”を優先すること

 

2022AWのデビュー・コレクションにより、本格始動する日本発のメンズブランド『HUM VENT』。美しいシルエットや質感を表現するため、国内生産=Made in Japanにこだわる。

 「この秋冬に発売される〈SOLIS CAVALRY TROUSERS〉の1stサンプルは、以前よりお付き合いがあった石川県の輪島工場に作成していただいたのですが、当初は“量産は難しいかもしれません……”とのお返事をいただきました。しかし、何度も縫製仕様のすり合わせをして実現することができたのです」(プロダクション・末木)

 

 
その言葉どおり、〈SOLIS CAVALRY TROUSERS〉は能登・輪島工場での生産が可能となった(※詳しくは前編にて)。その工場を有するのは、金沢市内にある創業約70年の老舗縫製会社。そもそも、北陸・金沢の縫製産業の歴史自体も古く、それは実に戦後まで遡る。

 「戦後の日本は着るものがあまりない状況で、軍人さんの毛布やコートなどが北陸や金沢の工場で作られるようになりました。その頃はまだ自動車産業もなかったので、縫製産業が日本の生産業を支えていた時代も。

 私どもの会社もMade in Japanの縫製技術を駆使し、ニューヨークやロサンゼルスへ製品を輸出するなど、地場産業の一部として事業を続けてきました。その後、中国生産が主流になり地元に複数あった大きな工場もなくなってしまいましたが、今現在も私たちは大量生産ではなくこだわりを持った製品を作ることを大切にしています」(縫製工場・代表)

 

 

長年に渡って北陸の縫製産業を支えてきた当社。高い技術力や日本生産に対するプライド、その時代背景によって順応してきた独自のこだわりなど、様々な要素により事業を継続してきたが、70年以上も続けてこられたのは、何より優秀な従業員の活躍があるからだという。

 「私自身は会社の代表ではありますが、従業員が率先してアイデアを出したり、毎日のように技術や経験を積み重ねて生産が成り立っています。代表だからといって先頭に立って会社を引っ張っているわけではなく、私自身が従業員のみんなに引っ張ってもらい成り立っているのです。我社は、従業員あっての縫製工場なのです」(縫製工場・代表)

 

 そういった人と人が繋がって生まれるものづくりの精神は、内部だけでなく外部との関係性でも同じだという。

 当初は量産が難しいと判断したHUM VENTの〈SOLIS CAVALRY TROUSERS〉だったが“プロダクション担当の末木さんのお願いだから何とかしたい”という想いで承諾。そういった想いはHUM VENTのプロダクション担当の末木も同様で、この金沢・輪島の縫製工場でなければ実現しないのではないか、と考えたという。

「素晴らしい技術を持っている工場はたくさんあります。ただ、その中で縫製業は『思考業』でもあるので、作る技術だけではなく、創造したり、想い・考えを、一緒に共有・共感できる関係性が一番大切だと考えているんです。

HUM VENTのアイテムは、デザインから製品へ落とし込む難易度が非常に高いので、お互いの理解がないと仕上がりに影響が出てしまう。ですから、自分の中で顔が思い浮かぶ人=信頼できる人にお願いをしたいんです。

確かに最初に提示した仕様は難しいと言われましたが、だからといって別の工場へ頼む考えはなく、逆にどうしたら実現できるかアドバイスをいただき、そのアドバイスはディレクター・櫛部も理解してくれました。HUM VENTの意図を汲み取っていただいて、本当に感謝しています」(プロダクション・末木)

 

「確かにHUM VENTさんの〈SOLIS CAVALRY TROUSERS〉は特殊なパターンでしたが、輪島工場のスタッフの技術・アイデア・過去の経験などが活かされて実現できました。輪島工場のスタッフたちが、デザイナーさんやパタンナーさんの意志を尊重しながら、時には縫製の立場でアイデアを提案させていただく。そのような協力関係が築けたかなと思います。

私は、採算よりも“粋”を感じて仕事ができるかどうかを優先してしまう人間です。経営者としては失格なのですが(笑)。ただ、目には見えないけれど心が通じているものづくり、というのはそういうものではないかと。正直、感染症などの影響で業界的には大変な部分もあります。でも、HUM VENTさんや末木さんとの出会いがあって、私たちもまた新しい挑戦をさせていただいています」(縫製会社・代表)

 

 

HUM VENTと金沢・輪島工場の深い信頼関係によって実現した〈SOLIS CAVALRY TROUSERS〉。人と人が繋がり完成した製品が、リリース後にまた新しい人々へと繋がっていく。